事業内容

当社はトンネルに防水、導水、止水用のシートを張っています。トンネル工事において、シートを張ることにより、漏水防止やクラック防止になり、皆様が安心して通れるトンネル工事の一端を担う仕事です。
ゼネコン各社および官公庁などからの発注による大きなプロジェクトはもとより、比較的小規模な工事まで幅広く対応しています。

 

作業内容

ご質問などのお問い合わせはこちらまでお願いします

  仮設備の移動
照明器具は下げ、電線は下に置く。各メッセンワイヤー・アイボルトは撤去する。風管は、台車の通る高さに合わせ高所作車を使用し、番線で吊り上げる。
     
  裏面排水材布設
インバートハンチ部に裏面排水材を布設する。布設した管は浮き上がらないようにする為帯び鉄を適当な長さに切断し釘打ち銃を使用し固定する。固定の間隔は約2m程度とする。
     
  突起物、ロックボルト頭部養生
ロックボルト頭部は養生不織布を取り付ける。
   
 
     
  材料の準備
2tトラックを使用し、防水シート、帯鉄、釘等材料を運搬し、シート台車上へ台車に取り付けてあるホイストクレーンを使用し荷揚げする(0.5t未満)防水シートは養生用布を使用しシートが痛まないよう注意する。仮置きの際も台木を敷き、直接盤、床に置かないよう注意する。荷揚げ時は、必ず通行帯をカラーコーンで立入禁止を明示し、見張り人を置き荷揚げ中、吊り荷の下に立ち入らない様に注意する。台車上で荷を受ける取る際は、安全帯を使用し、墜落災害に注意する。台車上は常に整理整頓を行い、躓き、道具の落下等の防止、シート養生を心がける。
   
 
     
  防水シート張り付け
台車を所定の位置に移動したら、台車、移走防止の確認を行う。シートの周長方向の中心部をトンネルアーチ部のセンターと合わせて位置決めをする。シートの取付は、シートと一体になっている不織布の端部を重ね合わせた上から、帯鉄を当て、釘打ち機でコンクリート釘をシート接続部に取付固定する。次にシートと一体になっているシート中央部の不織布(中間止め用不織布)をシート位置を確認しながら、帯鉄を当てコンクリート釘にて取付、シート中央部を固定する。シートの取付は次の工程(シートの自走式溶着機接合施工)の為にシート幅両端部は、100mm程度ラップするように打鋲し固定する。シートの取付は天頂部より行い、周長2~3mずつ行い、端部取付と中央部取付を交互に行う。周長方向に固定する釘の間隔は、20cm以下になるように注意する
   
 
   
 
     
  防水シート溶着
自走式溶着機を使用し、シートを溶着する。最後に拝み溶着部を進行方向に倒し、手動式熱風溶着機(ライスター)を使用し、点付溶着し固定する。
   
 
     
  防水シート端末処理
防水シート端末部はコンクリート釘を使用し固定する。既に布設してある裏面排水管を包む様にし、シート端部に上から帯鉄を当て、コンクリート釘を50cm以下の間隔で打鋲し、余分を撤去する。